logo

超歌舞伎「夏祭版 今昔饗宴千本桜」がオンライン開催--23万5000人が生放送で視聴

佐藤和也 (編集部)2020年08月18日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
超歌舞伎「夏祭版 今昔饗宴千本桜」より

超歌舞伎「夏祭版 今昔饗宴千本桜」より

 ドワンゴは8月16日、ネットイベント「ニコニコネット超会議2020夏」において、超歌舞伎「夏祭版 今昔饗宴千本桜(なつまつりばん はなくらべせんぼんざくら)」の生配信を行った。

 超歌舞伎は、中村獅童さんとバーチャルシンガーの初音ミクを中心に、伝統芸能と最新テクノロジーを融合させた新時代のエンターテインメント。2016年開催の「ニコニコ超会議」で初披露され、以降も毎年新しい演出、技術を試みながら実施されていた。

 当初春の「ニコニコネット超会議2020」で上演予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により中止。また、6月の京都南座公演も中止となったため、待望の公演となった。今回はニコニコネット超会議2020夏のフィナーレを飾る目玉イベントとして、無観客の「東京建物 Brillia HALL」(豊島区立芸術文化劇場)から双方向オンライン公演という形で無料生配信を実施。カメラ総数17台を活用し、無観客だからこそできる舞台上や客席含めあらゆるアングルから臨場感ある表情と動きをとらえ、随所にサプライズが散りばめられた舞台を展開。約23万5000人が視聴したという。

 「今昔饗宴千本桜」は、古典歌舞伎の「義経千本桜」と、初音ミクの代表曲「千本桜」の世界観を融合させた作品として2016年に上演。千本桜をわがものにしようと企む青龍、それに立ち向かう佐藤四郎兵衛忠信と美玖姫の活躍を描いたもので、今回は「夏祭版」と冠されたバージョンアップ版となっていた。

 中村獅童さんは冒頭のあいさつのなかで、各階の客席に向かって「準備はいいですか!」と呼びかけつつ「本日は無観客でございます。しかしながら、盛り上がらないわけがございません。なぜなら、今までの公演での、みなさまの笑顔、涙、ペンライトを使ってのご声援、これが私の目に、耳に、焼きついております」と語り、視聴者に向けて「みんな!コメント待ってるぜ!」を呼びかけた。

 ARを活用しての表現と生身の俳優との演技もさることながら、舞台上の俳優と3D映像がリアルタイムで同じ動きを見せるNTTの超高臨場感通信技術「Kirari!」の「被写体抽出技術」を活用した表現など、最新技術が随所に詰め込まれているのも特徴となっている。また空席の客席がコメントで埋め尽くされるなど、無観客ならではの演出も行われていた。

 また今回は配役が当日まで伏せられていたが、今昔饗宴千本桜初演時より忠信を演じてきた中村獅童さんが悪役の青龍にまわり、澤村國矢さんと中村獅一さんの2人が忠信として登場。サプライズともいえる配役とその演出に、コメントがざわつくとともに、大いに盛り上がっていた。

 クライマックスでは中村獅童さんが忠信に扮して登場し、「千本桜」の曲が流れ大団円に。最後の挨拶では、今回の配役に込めた思いや未来に向けたメッセージを語るとともに、京都南座でのリベンジ公演を宣言。「みなさまもどうかお元気で。また会おうぜ!どうもありがとう!」と、感謝の言葉を贈っていた。

 なおすでに配信は終了しているが、プレミアム会員は9月16日0時までのタイムシフト視聴が可能となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2PkTki8siun8s6oSkFnXsYuS3yty5M0NS