部首単語

ブシュ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

部首(ぶしゅ)とは、漢字を構成する部分である。専門的な言葉でいえば意符(意味を示す部分。対義は音を表す符)が多い。漢和辞典ではこの部首ごとに漢字を分類している。

概要

部首とは日本では『康煕字典』に基づいた分類がよく知られ、そこから全部で212※にわけられ、一般に販されている漢和辞典漢字辞典の類はこの分類に基づいて列挙されている。

狭義では、部首のうち、偏、偏冠脚(へんぼうかんきゃく)と呼ばれる7種類の部首がよく知られ、初等の国語科学習でも履修要領となっている。そして、これらの部首を知っておくと、漢字を効率よく覚えるのには非常に役立つ。

  • 偏(へん)…漢字の構成部分の左側
    、村、体、、話、絵、、階、快、場、腕、、私、味、徳、研、狙、、配、福、販、路、、軽、焼、糊、飼、袖、、眼、強、船、凍、、残、、帳、、短、、聴、齢、髄、、靴、、靖、貌、躾、的、黙、触、耕、孫…)
  • (つくり)…漢字の構成部分の右側
    (別、顔、攻、部、功、、殴、雑、形、観、斜、叙、戦、印、新、期、…)
  • 冠(かんむり)…漢字の構成部分の上側
    、算、、今、、罪、写…)
  • 脚(あし)…漢字の構成部分の下側
    (悲、買、照、、弄、製…)
  • 垂(たれ)…漢字の構成部分の上側+左側
    (広、層、病、戻、原)
  • 饒(にょう)…漢字の構成部分の左側+下側で、意符が符を取り巻いているもの。
    (通、起、建、、魅、麺…)
  • 構(かまえ)…垂と饒を除き、2箇所以上の構成部分で形成されるもの
    、開、、区、包、円、、式、気…)

しかし、これらに当てはまらないものも多数存在する。したがって、偏冠脚の分類は慣例、慣習的なものが多いほか、編纂や監修にあたった人物の意図を反映することが多く、読み表記揺れが多かったりする。そのため、あまり漢和辞典などでも重視されず、日常でもこんなものにこだわるのは酔狂な漢字マニアぐらいである。

※康熙字典は214だが、日本では分類が困難な匚部部、また夂部部は統合されていることが多いため。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%83%A8%E9%A6%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

部首

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 部首についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

おすすめトレンド