緊急事態宣言が全国的に解除され、飲食店の営業延長、学校の再開など、人々の生活は日常を取り戻しつつある。

そんな中、JR横浜駅のある貼り紙がツイッターで注目を集めている。

短縮...?(画像はヘドロス事務総長@AirWakameさん提供)
短縮...?(画像はヘドロス事務総長@AirWakameさん提供)

みどりの窓口 営業時間短縮のお知らせ」。表題の通り、営業時間を変更する旨を記載した貼り紙だ。

この写真はツイッターユーザーのヘドロス事務総長(@AirWakame)さんが2020年5月31日に投稿、6月2日夕方時点で3万件を超える「いいね」が付いている。一見すると普通の連絡だが、なぜこんなに話題になっているのだろうか。

変更前と変更後の営業時間を見てほしい。

(現在)8:00~19:00
(変更後)7:0021:00

朝は1時間、夜は2時間...「短縮のお知らせ」のはずが、なぜか延長されているのだ。

この投稿に対し、他のユーザーからは、

「2時間増えてると思うのはおれの気のせいですか...」
「職員の睡眠時間を短縮ってことかな」
ツッコミを待ってる?」
「最後に『何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます』とあるけど、理解出来ないです...」

といった声が寄せられている。

利用客も「わかりづらい」→文面修正

このややこしい貼り紙、いったいどういう意味なのだろうか。Jタウンネットは2日、JR東日本横浜支社の広報担当者を取材した。

(画像はヘドロス事務総長@AirWakameさん提供)
(画像はヘドロス事務総長@AirWakameさん提供)

担当者よれば、この貼り紙は5月26日から、横浜駅みどりの窓口を中心に複数箇所に掲示。貼り紙の意図を聞くと、このように説明した。

みどりの窓口の営業時間は、もともと6~22時でしたが、このような状況で8~19時に変更していました。6月1日からは緩和という形で、7~21時に変更しました」

担当者によれば、貼り紙にある「営業時間短縮」というのは、今回の時間変更ではなく、もともとの営業時間と比較しての表現なのだという。つまり、8~19時が7~21時になったとしても、元の6~22時から見れば「短縮」は変わらないということだ。

現在、貼り紙の文面は一部修正され、「短縮」の部分が「変更」となっている。変更が適応される初日の6月1日に、利用客から「わかりづらい」との指摘があったという。

短縮...?(画像はヘドロス事務総長@AirWakameさん