小説単語

ショウセツ
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

 私はを覚ます。の前にはパソコンの画面が広がっていた。おそらく、椅子に座ったまま寝てしまったのだろう。ついこの間もやってしまったし、いけない癖だとは分かっているのだが。
 昨日の記憶がやけにおぼろげだが、とりあえず体にべっとりとくっついた汗を流したい。そう思って席を立とうとした時だった。
「ようやくお覚めか」
 背後から聞こえてくるのは見知らぬ男のだ。そいつによって硬い何かを背中に押し付けられる。ねっとりとした恐怖の底から湧き上がってきた。
 よく見ればパソコンも自宅の機種とは違う。机の上に至っては書類も何もおいていない。ここはどこだ?全く知らないに連れてこられたようだ。
お前ニコニコ大百科編集者だな? 正直に言えばコイツ引き金を引くこともない」
 男は何やら手に持った物をガチャリと鳴らした。私はそれが何か見ることはできないがそれが何か悟った。
私は上手く喋ることができず、相手からは後ろ向きの状態のままこくりと頷くのが精一杯だった。
 仕事の都合上人と会話する機会は少なくないが、こんなに緊迫した状況での会話というのは初めてのものだった。
「そうか。なら、ニコ百に【小説】の記事を作れ。出来が良ければ傷で帰してやろう」
 小説の記事は確かにまだない。なかなか面白い内容を思いつく人がいないのだろう。私自身も文学には縁がないため、この記事を作ろうと思ったことはなかった。
この男はきっと、私がニコニコ大百科で小説の記事を書かないとその手に持ったでためらわず私を撃ち殺すだろう。

そういえば最近ニコニコ大百科編集者が何人も殺されていると噂で聴いた事があった。
きっと私がニコニコ大百科編集者と知ってて監禁し、理やり編集させようとしているのだろう。所詮他人事だと思っていたのに、まさか私の身に降りかかろうとは思ってもいなかった・・・
 しかし、今は建てなければ私の命が消されてしまう。記事一つで命が助かるのなら安いものだ。さっさと書き上げてしまおう。
 私はの前のパソコンを操作しニコニコ大百科アクセスする。【小説】と文字を打ち記事作成を始める準備はできた。
 未だに恐怖で震える手を落ち着かせながら、私はひとつずつ、ゆっくりキーボード叩き始めるのだった――

概要

――小説(しょうせつ)とは、文章を読むことを中心とした娯楽作品の総称である。

一般的な定義は、散文で書かれた事実とは異なる内容と定義付けされている。とはいえ、実話する小説もあったりするので、その定義は曖昧である。小説という単自体は紀元前から中国で使われていたが、そもそもは「くだらない話」「取るに足らない話」のような意味であった。しかし時代の中国では短い文章などにその単を使ったとされ、現代の意味に近づいていく。

日本で「小説」という言葉を文字を読む娯楽作品の意味で使ったのは明治初期であり、坪内逍らによるものとされている。

日本ではそれ以前より古くから文章による娯楽作品は存在していたが、明治時代の印刷技術の発展により小説は爆発的に広まった。
日本近代小説の先駆けとなった作品は1887年の二葉亭四迷による『浮』とされる。明治時代には様々な文が誕生した。

日本中の多くの書店では小説コーナーが設けられ手軽な価格で購入できる。

小説はに書かれた文章を読む物が基本であるが、現在ではを使わずにコンピューターで閲覧する電子書籍なども普及が進んでいる。

種類は長編小説から短編小説など長いものも短いものもあり様々である。若者向けの内容が軽い小説はライトノベル軽小説)と呼ばれる。

小説の作法

 小説の作法というのはあくまで慣例であり、実際のところは作法のようなものは存在しない。しかし、これらを守った方がより文章として見栄えするというものならいくつかある。

  •  段落の最初の文字は一マスける。
  • …や―を使う場合は必ず偶数で用いる。
  • 会話文は「」で表す。
  • 「」の終わりの文には句点を打たない。
  • !や?の後ろは一マス開ける。なお、次の文字が『」』の場合は開けなくて良い。

 などが有名である。

小説の分類

小説は対とする読者層に応じてある程度の分類、棲み分けが為されている。

純文学

一般的な意味で言えば、芸術性に重きを置いている文学。単に「文学」と言った場合、純文学(的な小説)のことをす。しかし何が芸術かと言われるとそれ自体が定義不能に陥るので、現代では「純文学雑誌に載る小説」または「純文学の賞を取っている作家の小説」程度の意味がおそらく実情に近い。年に2回、芥川賞の発表のときだけ存在が話題になる。なんか偉そうなイメージを抱かれがち。海外では「文学」とも言う。

大衆小説

一般向けの娯楽小説全般のこと。現代では「エンターテインメント小説(エンタメ)」「一般文芸」と言った方がたぶん通りがいい。要するに、書店で文芸書や一般文庫の棚を眺めたときに並んでいる本の多くがこれ。この中でミステリーファンタジーSFなど特定ジャンルに強く帰属する小説は「ジャンル小説」とも呼ばれる。純文学の一応の対義ではあるが界は果てしなく曖昧。かつては純文学大衆小説の中間の小説を意味する「中間小説」という言葉もあったがほぼ死語である。

児童文学

に小中学生を対にした小説。偕成社理論社、岩崎書店、福音館書店ポプラ社などが有名。大手出版社も講談社青い鳥文庫や角川つばさ文庫など児童書レーベルを持っている。一般レーベルで再刊されて大人読者ヒットすることも多い。

ライトノベル・少女小説

に中高生およびオタク読者ターゲットにした娯楽小説。文庫書き下ろしや、ネット小説の書籍化が中心で、書店では漫画の棚の近くに置かれる。古くは「ヤングアダルト」や「ジュヴナイル」、少女小説は「ジュニア小説」とか呼ばれていた。

ライト文芸

ライトノベルと一般文芸の中間層を狙った小説群をす新の分類。「キャラクター文芸」などとも。わりと女性向けが多い。

官能小説

ポルノフランス書院が有名。オタク向けの官小説は「ジュヴナイルポルノ」とも(美少女文庫、二次元ドリームノベルスなど)。小説には漫画ゲームのような性表現による販売規制はほとんど存在しないので、18歳未満でも購入可だったりする。

ボーイズラブ

BL。面倒なのでジャンルの詳しい説明は省くが、多数のレーベルがあり大きな市場を形成している。少女小説とは読者層が重なっているので、少女小説レーベルからBLも出る。

翻訳小説

海外の小説を日本語翻訳したもの。古典文学からジャンル小説、児童文学ロマンス小説、ポルノまでいろいろ。一般の文庫レーベルでも翻訳ものは背表デザインなどで区別されている。

ノベライズ

映画漫画アニメなど他媒体の既存の作品を小説化したもの。小説版独自のストーリーを展開するスピンオフ作品も含む。いわゆる本好きの間で話題になることは少ないが商業的なシェアは大きい。

ネット小説ケータイ小説

アマチュア作者によって書かれ、ネット上で開され、多くは無料で読める小説。古くは個人サイト開されていたが、現在は各種投稿サイトへの投稿流。人気が出ると書籍化されることが多い。

二次創作小説(SS)

既存の作品を元にファンが(勝手に)創作するファンフィクションネット上で無料開されるものや、同人誌として頒布されるものなどがある。

小説のジャンル

小説には様々なジャンルがある。もちろんジャンルとは本質的に後付けのレッテル・分類であるが、特定ジャンルを専門に読む読者も少なくなく、それぞれ独自のマーケットを形成している。とはいえ、複数のジャンルにまたがる作品もしくなく、界線は曖昧である。下記以外にも様々なジャンルが存在する。

私小説

作者自身の実体験や身の回りの出来事を、ほぼ実際にあった通りに書いた小説。明治時代の田山花袋団」以来、日本純文学ではなぜかこれが伝統的に中心となっており、純文学=私小説と見なされた時期もある。現代ではさすが流ではないが、しぶとく生き残っている。

ミステリー

またの名を推理小説を提示し、その解決をすことを物語の中心に置いた娯楽小説全般のことだが、その幅は非常に広く、本格ミステリ社会ミステリーサスペンスハードボイルド冒険小説トラルミテリーノワール警察小説日常の謎イヤミスなど内部ジャンルが多数ありとてもここには書き切れない。ミステリーの記事を参照。

時代小説

過去の時代(江戸時代)を舞台にした娯楽小説。実際の史実とはあんまり関係なく、過去の時代を舞台に架の人物の活躍を描いたものをすが、現代では歴史小説もまとめて「時代小説」と大雑把に呼ぶことも多い。現代では文庫書き下ろしのシリーズものが大量に書かれている中高年向けライトノベル時代小説の記事を参照。

歴史小説

実際の史実を元に、実在歴史上の人物や出来事を掘り下げることをメインにした小説。とはいうものの上記の通り時代小説との区別は曖昧になっている。歴史上の様々なリーダーや組織運営革が題材になることが多いので、サラリーマンビジネス書として読まれてたりする。

恋愛小説

登場人物の恋愛模様や恋愛感情を描くことがメインの小説。女性作家が書いて女性読者が読むことが多いが、男性作家もいるし男性読者もいる。より通俗的なものになると「ロマンス小説」として独自のレーベル読者層を持つ。

青春小説

青春時代恋愛友情、成長の痛みや通過儀礼を描くことがメインの小説。児童文学からライトノベル、一般文芸、純文学まで特に広く遍在する。

家族小説

家族の関係や有り様をメインテーマにした小説。一般文芸では非常に多く書かれている。恋愛小説・青春小説も含め、普通の人の日常生活上で起きうることを描いたリアリズム小説は(ミステリーSF時代小説などの「ジャンル小説」ではない、ぐらいの意味で)「普通小説」と呼ばれることもある。

SF

サイエンス・フィクション。定義はあまりにも面倒なのでSFの記事を参照。他にべて専門性の高いジャンルのため、早川書房東京創元社など特定の出版社が強く、固定読者が多い。

ファンタジー

これまた定義はあまりにも面倒なのでファンタジーの記事を参照。全に地球と異なる異世界を構築したものを「ハイファンタジー」、現実世界に近いものを「ローファンタジー」と呼んで区別したりする。ライトノベルや児童文学が中心だが、一般文芸の分野でも結構書かれている。

幻想小説

ファンタジー義的にはほぼ同じだが、「幻想小説」と呼ぶ場合は、魔法とか異世界など一般的に「ファンタジー」という言葉から想像される類いのものではないタイプの、現実にあり得ない幻想的な出来事が起こるような小説のことをす。SFホラー純文学とも近い。「幻想文学」とも。

ホラー

読者恐怖感を与えることがメインの小説。怪談もこのジャンルの範疇。幻想小説やSFとも近い。

伝奇小説

魔術妖怪など、オカルト系のネタ伝説・伝承などを扱った娯楽小説。80年代にはいわゆるノベルスで一大ブームを築き、ライトノベルなどにも多大なを与えた。

仮想戦記・架空戦記

第二次世界大戦舞台に、歴史IF想するミリタリー娯楽小説。90年代に大ブームを巻き起こしたが21世紀になってからは下火。

経済小説・企業小説

ビジネス世界舞台にした小説。サラリーマン読者層。

スリップストリーム

純文学において、SFファタジーなどジャンル小説の題材・手法を導入した作品のこと。つまり「SFファンタジーっぽい純文学」か「純文学っぽいSFファンタジー」をす。

小説の長さ

小説はその長さに応じて「長編」「中編」「短編」などの区別がある。

長編

基本的に「それ一作で一冊以上の本を為す」場合に長編と呼ぶ。

具体的にどのくらいから長編と呼べるかはジャンルにもよるのだが、長編小説を募集する募新人賞では、原稿用換算で200枚から300枚ぐらい(単純計算で8万字~12万字、実際は改行が入るのでもうちょっと少ない)が下限であることが多い。要するに、「単品で1冊の、常識的な厚さの本になる長さ」であれば長編と言える。まあだいたい200ページ以上あって、単品で1冊の本になっていれば長編と言えるだろう。それより短い場合は「中編」か「短めの長編」と言われるが、界は曖昧。

基本的に分厚い本ばかり書く作家の場合、文庫本換算で200ページ以上あっても、厚い短編集の中の1編として収録され「中編」として扱われることもある。

長編は新聞・雑誌に連載されたり、雑誌に一挙掲載されたりしてから本になる。雑誌などに掲載されることなく書き下ろしとして本になる場合も多い。

何冊にも及ぶような作品になると「大長編」とか「巨編」とか言われることも。

中編

長編と短編の中間の長さの小説。もしくは長めの短編。

明確な定義はないが、基本的に一作では本にならず、短編集の中に収録される長めの作品のことをす。短編との区別も明確な基準はなく、短い方に基準を合わせれば「原稿用換算で100枚をえれば中編」、長めの方に基準を合わせれば「文庫本換算で100ページえたら中編」といったところか。

芥川賞は短編もしくは中編を対としているが、補になるのはこの中編サイズ(原稿用換算で100枚~300枚未満)の作品が多い。

単体で1冊にはし辛い長さなので、基本的に雑誌に掲載され、本にするときは他の短編・中編とまとめられて短編集として刊行される。

短編

短い小説。新聞に読み切りで掲載されたり、雑誌に掲載される。短編と呼ばれる長さの上限は、上記した中編の長さの下限と考えればいい。

何作か集めて短編集として本にまとめられるのが基本。近年は最初から本にまとめることを前提として、同一のキャラクターが登場する複数の短編を雑誌に連載する「連作短編」が非常に多数書かれている。

掌編・ショートショート

短編よりさらに短い小説。上限は諸説あるが、だいたい原稿用20枚。短いので、かなりの作品数が溜まらないと本にならない。

編とショートショートの区別は曖昧だが、アイデアオチ重視なのがショートショート、そうでないのが編小説、というのがイメージに近いか。

小説の判型

小説が出版される際の本の大きさは、だいたい以下のように決まっている。これら以外の判で出る小説もあるがしい。

四六判

「単行本」と呼ぶときは、基本的にこのサイズのことをす。だいたい横130mm、縦188mm。純文学大衆小説など一般向けの小説はだいたいこのサイズで出る。最も基本的な判だが、値段が高く重く場所を取るので嫌う読者も実際多い。

が硬いのものは「ハードカバー」、柔らかいのものは「ソフトカバー」と言う。一般にハードカバーは表が本文用より一回り大きく、ソフトカバーは表は本文用と同じサイズ

一般向けの小説は最初にこの判で出して、数年後(だいたい3年前後)に文庫判で再刊する、というのが一般的なサイクルだが、この判で売れなかったため文庫化されずに放置される作品もしくない。文庫書き下ろしやノベルス出身の作家にとっては、「四六判の本を出す」ことがひとつのステータスというか、「ちゃんとした作家」として認められた、というような意味合いを持ったりする。

値段が高いぶん少部数でも採算が取れるため、最初からこの判でしか出す予定がないマニアックな作品もある。

新書判(ノベルズ判)

ノベルス」と呼ばれる小説のサイズ。B6判と高さは同じだが横幅が狭い、もしくは文庫判と横幅は同じだが背が高い縦長の本。ノンフィクションだと「新書」と呼ばれるサイズで、週刊少年ジャンプなど週刊少年誌のコミックスの大きさと言った方がわかりやすいかもしれない。基本的に「○○ノベルスノベルズ)」というレーベルとして背表などのデザインを統一して刊行される。一部「○○ブックス」というレーベルもある。

値段はハードカバーより安いが、文庫よりはやや高い。本が縦長のため、二段組みの作品が多い。売れた作品は四六判単行本と同様に数年後に文庫化されるが、基本的に読み捨て娯楽小説の判と見なされているためか、文庫化されない率が高い。

ハードカバーで出すほど堅くない、気楽で手軽な娯楽小説を出す判として、80年代ぐらいには「ノベルズ戦争」と呼ばれたほどの盛を誇ったが、00年代後半ぐらいから急速に衰退し、現在では一般向けの小説の判としては絶滅寸前。架空戦記ボーイズラブなどで細々と生き残っている。

児童文学では、「文庫」とついているレーベルは基本的にこの判講談社青い鳥文庫など)。

文庫判

A6判サイズ。基本的に四六判単行本やノベルスで出た小説を、コンパクトかつ廉価な形態で再刊する普及版。小さいので持ち運んで外出先で読むのにも適している。安い・軽い・場所を取らないので、四六判単行本は買わずに数年後の文庫化を待つ読者も多い。そして作者は「売れないと文庫が出ないから単行本で買って!」と叫ぶハメになる。

ノベルスと同様、「○○文庫」として背表デザインなどを統一したレーベルとして刊行されるのが基本。ハヤカワ文庫SFや創元推理文庫のように、特定ジャンルに特化した文庫レーベルもある。ライトノベルライト文芸では書き下ろしが流。近年はノベルスが衰退したため、一般向けの作品でも文庫書き下ろしが多くなっている。

一般向けの作品では、巻末に作者外の人物による文庫解説がついていることが多い。

B6判

近年、ネット小説の書籍化で流になっているサイズ。四六判ソフトカバーと見たでは区別がつきにくいが、並べてみると四六判より若干小さい。ノベルス・文庫同様にレーベルとしてまとめられて刊行されることが多いが、背表デザインなどは自由度が高め。

近年ではこの判して「○○ノベルス」「○○ブックス」というレーベル名が使用されており、将来的には「ノベルス」が新書判ではなくこの判のことをすようになるかもしれない。

小説関連項目

一般

ジャンル・形式

文芸誌

レーベル・叢書

一般文芸

ジャンル小説

ライトノベル・少女小説

ライト文芸

ネット関係

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E8%AA%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小説

331 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 18:03:15 ID: 1U3KUiZufq
>>330
いや文章通じない相手に説得あるレスなんかしてどうすんの? 
あれまた何かまずいこと言っちゃいましたか?
332 削除しました
削除しました ID: tU3+GmigzU
削除しました
333 ななしのよっしん
2020/07/11(土) 14:37:20 ID: oU2MTbJmtH
>>331
残念なお知らせだが、>>330は別に君のことを
意思通もできないバカであるとは言っていない

よって君の返しの「意思通もできないバカ相手に々」は最初から的を外している……

と思ったが、もしかしてマウント取ろうとしている本人が一番アレだった」系のネタ
だとすれば>>330ほどユーモアくてすまない
334 ななしのよっしん
2020/07/11(土) 21:07:59 ID: 1U3KUiZufq
>>333
いや意思疎通できてないじゃん
何故なら全く答えになってないしな

はっきり言って小説読もうが何読もうが時間の無駄じゃな
多分プレイボーイとか読んでるほうが有意義だと思う
335 ななしのよっしん
2020/07/29(水) 20:45:16 ID: cxeC8ogMo6
>>334
摘した内容をしっかり読み取った上で、
自分は>>330の言ってることを理解できる読解バカであるエミュか…

そもそもの自分が、捨て台詞の書き込みという疑問でもなんでもないコメント待ちの受動的なコミュニケーションで始めておきながら、
それに対するコメントを「返答になってない」とすることで、
言葉の定義も覚束ないバカであることに説得を持たせている

バカは賢ぶろうとバカだが
賢い人はバカ真似も丁寧だね、ちゃんと言葉が通じてしまうのが致命的だけど
336 削除しました
削除しました ID: wCSMTR2ip5
削除しました
337 ななしのよっしん
2020/10/03(土) 07:01:37 ID: 5jCLiXUH7v
ちくま小説入門』という本があるのでリンクを貼ってみる
https://www.amazon.co.jp/dp/4480917233exit
>>az4480917233exit_nicoichiba

338 削除しました
削除しました ID: 4uHGJs/FLN
削除しました
339 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 11:37:52 ID: 5GEMOJhWkM
小説漫画より優れている部分は制作速さしかないとか思ってるはちょっと古めのファンタジー小説とか読んだことなさそう
でもそれはそれとして同人小説がそういうのを持ってるとは思えない(偏見)ので結局コミケで出会しても「あっコミックの出来損ないだ」って思ってしまう

実際に読んでみるとそうでもないしなんならお話に振ってる分その辺の商業漫画より優れているのもあるんだが、
なにせwebに上がってる数が多すぎて供給過多気味なのとその場で画力から表現を判断できないから買うか買わないかすぐさま決めなきゃいけないのとで、
漫画と間違えるかかが絶賛してたか作者買いか「このジャンルになってるのしいな」みたいなのがあるかしない限り滅多に買わないんだよなぁ…
340 削除しました
削除しました ID: AWTQHDPHqJ
削除しました

急上昇ワード改

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ブルームーン 相川七瀬 白石麻衣 折り紙 AMD ココロオドル 乙女解剖 出雲大社