10月12日(金)スタート相葉雅紀主演ドラマ「僕とシッポ神楽坂」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)で、原作者・たらさわみちがドラマの撮影現場を訪問し、キャスト陣を激励した。

本作は、東京・神楽坂を舞台に、動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描くヒューマンドラマ

撮影現場を訪れたたらさわは「実際にお会いした相葉さんは本当に自然体で、温かい方。昔飼っていた動物の話や、原作のダイキチのお話などをしました(笑)」といたく感動した様子。

動物看護師・加瀬トキワ役の広末涼子についても「訪問時にはちょうど広末さんが動物と触れ合うシーンを撮影されていたのですが、すごく手慣れていて、お好きなんだなと感じました。

息子役の矢村央希くんとも息がピッタリで、まるで本当の親子のようでした!」とコメント

また、細部まで作りこまれた動物病院のセットも視察し「ドラマの撮影現場にお邪魔するのは初めてだったのですが、スタジオセットなどを拝見して『漫画家として参考になるな』と思いました。

出演者の皆さんももうすっかり役が出来上がっていて…。徳丸先生役のイッセー尾形さんがとてもいい味を出してくださっているのですが、(大ファンなので)原作でももっとハンサムに描いておけば良かったと思いました(笑)」と思わず本音がこぼれる一幕も。

さらに、ドラマレギュラーキャストである看板犬のダイキチと地域猫のオギと共に、コオ先生に扮(ふん)した相葉のイラストを描き、直接手渡し。

相葉は満面の笑みでその絵を受け取り、原作執筆の裏話などに花を咲かせ、スタジオは温かい雰囲気に包まれた。

相葉雅紀コメント

今回、たらさわ先生にコオ先生とダイキチ&オギの似顔絵を描いていただいたのですが、さすが本当にお上手で…!

「どうやって描いているんですか? 後ろの色もご自分で塗られるんですか?」って、細かいところまでいろいろお聞きしちゃいました(笑)

一枚の色紙にダイキチとオギを描くのでだいたい一時間くらいなのだそうですが、そこにコオ先生が入るともう少しかかるんだそうです(笑)

他にも先生とはいろいろお話させていただきました。ほとんどが雑談のようなものだったのですが、実は僕が最初に出させてもらった映画「新宿少年探偵団」(1998年)は、先生のお友達が書かれた作品だったそうなんです! 

先生同士がお話されたときに「20年越しにまた相葉くんで繋がるんだね」っていう話をされたばかりで、「縁を感じる」とおっしゃってくださいました。(ザテレビジョン

相葉雅紀主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」の撮影現場をたらさわみちが訪問!