ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月25日 11時58分 公開

「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」を1週間たっぷり使って体感した「今年のカメラ」 (1/3)

iPhone 12と12 Proを入手した米国在中YouTuberによる使用感レポート。

[大石結花,ITmedia]

 iPhone 12とiPhone 12 Proをいち早く入手したニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんに、その使用感をレポートしてもらった。


 10月13日(米国時間)、Apple Special Eventが開催され、5G対応のiPhone 12ファミリーが発表された。4機種のうち、サイズが全く同一の「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」は10月23日に販売開始しているが、この2機種を1週間ほど先行使用して気づいた点を紹介する。

新しいデザイン

 iPhone 12は、エッジが丸いiPhone 11までと異なり、iPhone 5までに近いフラットなデザインに変更された。iPhone 12の側面はアルミニウム、iPhone 12 Proの側面はステンレススチール仕上げとなっている。iPhone 11世代ではProモデルのみだった、Super Retina XDRディスプレイを全てのモデルに搭載し、さらに新技術の「Ceramic Shield」で、落下耐性能は4倍向上した。

 iPhone 12は、側面のマットなアルミニウムに対して、背面は光沢のある加工になっている。私は今回「ブルー」の色を入手して紹介したところ、Appleが撮影した写真よりも濃い青だというコメントをいただいた。iPhone 12のカラバリはProに比べてポップな印象だが、単体で見ると案外落ち着いたネイビー寄りのブルーだと感じる。しかし、背面ガラスに光沢があるため、濃い色だと指紋が少々目立つということもあるので、気になる方は明るい色の方がよいかもしれない。

 iPhone 12 Proの側面は高級感のあるステンレススチール製で、背面はマットなガラスだ。今回の新色である「パシフィックブルー」を使用しているが、深みのあるブルーとマットな質感が相まって、シックで美しい。

photo
photo 筆者とiPhone 12(左)、iPhone 12 Pro(右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=21118XnouaXk8s68PTSiu1BSkFnXsYuBSMNtNSMySiu1BNMt8dnoY