プレスリリース

PRESS RELEASE

学校・地域の枠を超えて全国の中高生が参加できる
高校範囲を超えた学びの場
「インターハイスクールコミュニティー」を新設

学校法人角川ドワンゴ学園
2020年10月15日
   

学校法人角川ドワンゴ学園は、高度な領域の学びに関心のある日本全国の生徒たちをつなぐ学びの場「インターハイスクールコミュニティー(IHC)」を新設します。新型コロナウイルス感染拡大の影響でいまだ学びの機会が減っている現状と、高校の範囲を超えた高度な学びに取り組める場所が日本ではまだ少ないことを受け、N 高等学校が取り組んできた“ネットの高校”ならでは学びや活動の機会を、広く全国の中高生に開放していきます。
IHC は、角川ドワンゴ学園の生徒だけでなく、学校や地域の枠を超えて参加できるコミュニティーです。オンラインでの学びからリアルな交流まで、ネットとリアルの良さを取り入れた活動を全国の仲間と行います。多くの仲間たちと学び合い、高め合うことで、日本の将来を担う未来の人材が生まれることを目的としています。まずは、起業部、数理コミュニティー、研究部(2021 年スタート予定)の3つが対象となり、今後、様々な分野のコミュニティーを増やしていく予定です。
【 インターハイスクールコミュニティー(IHC):https://nnn.ed.jp/ihc/ 】 ※発表後に公開

◆起業部
起業家を目指すことで、イノベーティブな考え方を学び、日本や世界を支える人材を育成する課外活動です。活動開始3 期で4 社の登記を実現しました。ビジネスモデルや競合戦略の構築、資金調達や登記手続きをレクチャーします。起業を志す全国の中高生の参加を楽しみにしています。入部に向けた選考は、IHC ページ上の応募フォームから申し込みください。

◆数理コミュニティー
数理コミュニティーは、東京工業大学教授の加藤文元先生をはじめとした専門知識を有する研究者や大学院生とのリアルな交流を通じて、より高度な学問領域への学びを楽しみながら進めていきます。
<主な活動>
●数理空間トポス:中高で学ぶ範囲を超えた、現代数学に興味のある中高生のための場で、毎週土曜に御茶ノ水キャンパスにて開催。
●数理の翼 伊計島セミナー:NPO 法人数理の翼が全国の数理科学に強い関心を抱く中高生向けに4泊5日で開催するセミナー(参加には応募条件・定員があります)。
●数学デー in N 高:年齢を問わず楽しみながら、数式やパズルなど数学で遊ぶ場として、毎週金曜に御茶ノ水キャンパスにて開催。

◆研究部(2021 年スタート予定)
数学・物理学・化学・生物学・地学・社会科学・環境学・考古学などさまざまなジャンルで学術的な研究活動を行っている中高生のためのコミュニティーです。研究発表会や専門家による講演などの定期的なイベント開催があります。また、研究内容によっては大学生による研究のサポートや研究活動費の提供も予定しています。専門的に学術を研究する仲間との出会いや知見を共有することで、研究のレベルの向上を目指しています。※研究部の所属には、現時点での研究活動や実績を踏まえた選考があります。詳しくはIHC のHP をご覧ください。

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N 高等学校について◆
<本校:沖縄県うるま市、校長:奥平博一/N 高公式サイト:https://nnn.ed.jp/
2016 年4 月に開校した“ネットの高校”で、現在の生徒数は15,803 名(2020 年10 月時点)。「IT×グローバル社会を生き抜く“総合力”を身につける多様なスキルと多様な体験」を掲げ、今のネット社会に対応した新しい教育を実践しています。授業やレポート提出をネットで行うことで自分のペースで学べる高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、小説、ゲーム、ファッション、料理、美容など多彩なネットでの課外授業や、全国各地で行う職業体験により、社会で役立つスキルや経験も高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴です。ネットコースと通学コースが選択できます。2021 年4月には、2校目となるS高等学校(設置認可申請中/本校:茨城県つくば市、校長:吉村総一郎)が開校します。
<N 高公式Twitter>https://twitter.com/nhigh_info

《お問い合わせ先》 学校法人角川ドワンゴ学園 広報担当 E-mail: n_koho@nnn.ac.jp
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2a1kiU68s68PTSiu1BSTFuBBVFuYukBuSMNMNStNtySiu1BV9yM8dnoY