ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年08月06日 14時14分 公開

Android版Twitterアプリ、DMにアクセスされる恐れのある脆弱性を修正 更新呼び掛け

TwitterのAndroid版公式アプリに悪用されるとDMデータなどにアクセスされる恐れのある脆弱性が見つかり、既にアップデートで修正された。同社はまだアプリをアップデートしていないユーザーに対し、アプリ内通知で更新を促している。

[ITmedia]

 米Twitterは8月5日(現地時間)、Android版Twitterアプリの脆弱性を修正するアップデートを実施したと発表した。Androidのバージョン8および9に影響する脆弱性で、悪用されるとAndroidのシステム権限を回避され、DMデータなどにアクセスされる恐れがあった。

 twitter

 この脆弱性が攻撃者に悪用された証拠はなく、Android版Twitterアプリユーザーの96%は既にアップデート済みという。

 まだアップデートしていない4%のユーザーに対し、Twitterはアプリ内で通知を表示して注意を喚起している。Adroidでアプリを自動更新設定にしていないユーザーは、最近のTwitterアプリのアップデートを確認されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.