ITmedia NEWS >

特集:未来を変える量子コンピュータ

世界中のセキュリティや電力事情を一変させ得るといわれる量子コンピュータ。取材を通じてその可能性を探ります。

QunaSysが量子コンピュータ上で量子化学計算を行うクラウドサービス「QunaSys Qamuy」の試験提供を始めた。

(2020年10月21日)

日立製作所が、量子コンピュータを疑似的に再現した独自の計算技術「CMOSアニーリング」を活用して数百人規模の勤務シフトを作成するWebアプリの提供を始めた

(2020年10月19日)

量子コンピューティング

米IBMは、量子力学の原理を利用して効率的に計算できる「量子コンピュータ」の開発ロードマップを公開した。2023年末を目標に、1000量子ビットの大型量子コンピュータの開発を目指すとしている。

(2020年9月17日)

量子コンピュータなどを活用した解析サービスを手掛けるグルーヴノーツは、キユーピーが製造ラインのシフト最適化に同社の解析サービスを採用したと発表した。

(2020年10月9日)

米IBMは、同社の量子コンピュータの性能が1月に発表したものから2倍に向上したと発表した。同社が提唱する「量子ボリューム」(QV)という指標で64に到達したとしている。

(2020年8月21日)

米Amazon傘下のAWSは、量子コンピュータのフルマネージドサービス「Amazon Braket」の米国での一般提供を開始した。他の地域でも順次提供する予定。

(2020年8月14日)

東京大学は、量子コンピュータに関する知見を産官学で共有しながら実用化を進める取り組み「量子イノベーションイニシアティブ協議会」を設立した。参加企業・大学同士で密に連携し、世界に先駆けて量子技術の社会実装を目指す。

(2020年7月30日)

NECは、量子コンピュータを製造するD-Wave Systems(カナダ)と協業し、同社へ約10億円の投資を行うと発表した。

(2020年6月18日)

NECは、企業の量子コンピュータ活用の検証や教育を支援するサービスを始めた。カナダD-Wave Systems製の量子アニーリング方式の量子コンピュータや、NECのスーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」によるシミュレーション環境を提供する。

(2020年6月30日)

米IBMは、5月4日から8日にかけて行った量子コンピュータのハッカソン「IBM Quantum Challenge」の結果を発表した。世界中から1745人が参加し、量子暗号や、量子回路の最適化方法など、量子計算のノウハウを学習したという。

(2020年5月28日)
Microsoft Build 2020:

米Microsoftは、開発者向けのバーチャルイベント「Build 2020」で量子計算プラットフォーム「Azure Quantum」のプレビュー版を公開した。複数の量子ハードウェアやソフトウェアを利用できる。発表では、日本の量子ベンチャーによる活用事例も紹介された。

(2020年5月20日)

JXTGホールディングスは、量子コンピュータのアプリケーションを開発するベンチャー企業のQunaSysと、量子コンピュータを用いた共同研究について協業を本格化する。石油などの資源を開発、販売する事業に、量子コンピュータを生かしたい考え。

(2020年4月21日)
よくわかる人工知能の基礎知識:

最近話題の量子コンピュータとは一体何なのか。基本的な知識と、実用化の可能性を探る。

(2020年4月3日)

AIモデル構築などのクラウドサービスを提供するグルーヴノーツ(福岡市)と三菱地所は、み収集ルートを機械学習と量子コンピュータ(量子アニーリング方式)を用いて最適化すると、従来の総走行距離を約57%削減できるとする計算結果を発表した。

(2020年3月31日)

近年の量子コンピュータの盛り上がりの契機となった量子アニーリング。その生みの親の一人である門脇正史さんは、現在デンソーで量子アニーリング活用に取り組んでいる。自動車業界における、量子アニーリングや量子コンピュータの可能性を話した。

(2020年3月6日)

Honeywellが、3カ月以内に「量子ボリューム64」の量子コンピュータを市場に投入すると発表した。競合するIBMは1月に量子ボリューム32を達成したと発表している。

(2020年3月4日)

日本電気は量子コンピュータに関する活動を推進する部門「量子コンピュータ推進室」を20年1月に設置する。「量子アニーリング方式」の量子コンピュータを開発に向け、先駆者のカナダD-Wave Systemsと協業を検討。NEC製の古典マシンを使ったアニーリングのシミュレーションも。NECが量子アニーリングに傾倒する理由とは。

(2019年12月20日)

米IBMは、量子コンピュータ「Raleigh」(ローリー)を発表した。量子コンピュータの性能指標「量子体積」で、2019年に発表したマシンの2倍の性能に達したという。

(2020年1月9日)

IBMが日本に量子コンピュータを設置する。東大との連携で、「東京大学量子イニシアティブ構想」の第1弾。IBMの量子コンピュータが設置される国としては、米国、ドイツに続き3番目。

(2019年12月19日)

米AWSは、量子コンピュータのフルマネージドサービス「Amazon Braket」を発表した。同サービス上で記述した量子プログラムを、複数社の量子ハードウェアで実行できる。

(2019年12月3日)

量子アニーリングで、組合せ最適化問題の代表といわれる「巡回セールスマン問題」が解けない? そんな声に対し、大関准教授は「われわれの感覚では『解ける』。だが、解けないと感じた理由も分かる」と複雑な反応を示します。どういうことでしょうか。

(2019年11月20日)

Googleが示した「量子超越性の実証」では、量子コンピュータがスパコンよりもある問題を圧倒的に速く解いたといいます。一方、GoogleとNASAは4年前に「PCより1億倍速い量子コンピュータ」というものも発表していました。何が違うのでしょうか。

(2019年11月19日)

米IBMやGoogleなどが研究している「ゲート方式」とは異なる方式の量子コンピュータで、実用化に至れば常温で動作する上、10円玉サイズのチップに回路を収めることも見込めるという。

(2019年10月18日)

科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センターの嶋田義皓フェローが、量子コンピュータの現状や、実用化が見込まれる時期を解説した。

(2019年7月22日)

OKIとOKIデータが量子コンピュータを使って、同社のプリンタ向けLEDモジュール製造工場で働く作業員の移動を平均28%短縮する製造装置の配置を算出できたと発表した。

(2019年9月5日)

世界有数の競争力を持つ日本の量子コンピュータのベンチャー企業MDRを立ち上げた湊雄一郎さんに「量子コンピュータの今」を聞く。

(2019年6月3日)

量子×セキュリティ

東芝は、NECや三菱電機、東京大学などと共同で次世代暗号技術「量子暗号通信網」の実用化に向けた研究開発を始めると発表した。総務省の委託事業で、期間は2024年度までの約5年間。初年度の予算は14億4000万円としている。

(2020年7月29日)

東芝と東北大学は1月14日、「量子暗号通信」を用いて、人のゲノムデータ約500GBを約7キロ離れた施設へ伝送することに世界で初めて成功したと発表した。同社は近く、量子暗号通信で事業展開を始める見込み。

(2020年1月14日)

英量子ベンチャーCambridge Quantum Computingが日本市場に本格参入する。量子暗号デバイスの販売や、複数社の量子コンピュータで実行できるプログラミングプラットフォームを展開することで、パートナー企業と共同研究を進めたい考え。

(2019年12月20日)

約10年後に訪れると見込まれる量子コンピュータの実用化の際には、現在の暗号の一部は解読されてしまう恐れがある。デジサート・ジャパンの林正人さんは、「量子コンピュータの脅威を正しく認識し、耐量子コンピュータ暗号の導入に今から備えるべき」という。

(2019年11月15日)

量子×デジタルコンピューティング

「量子コンピュータとは何か」を問う“新たな壁”:

量子コンピュータよりも速い「シミュレーテッド分岐アルゴリズム」を開発した後藤隼人主任研究員に、開発背景を聞いた。

(2019年7月30日)

日立製作所は、組み合わせ最適化問題を高速に計算できるアルゴリズム「モメンタム・アニーリング」を発表した。NVIDIAのGPU4台で実装したところ、「10万変数・全結合」という大規模な問題の近似解を1秒未満で計算できたという。

(2019年8月30日)

東芝が、多国間通貨の高速取引に特化したFPGAマシンとTOPIXに追従するクラウド実装を公開。展示会では金融関係者や、外資系IT企業でFPGA部門に携わる人らの注目を集めた。

(2019年10月30日)