CATEGORYカテゴリー

【国立科学博物館×航空自衛隊 現役機体「YS-11FC」フライト】入間基地 旧管制塔から生放送

YS-11FC55歳となるYS-11FCのエンジン音(ロールスロイス)を聞き、飛行姿をじっくり観よう

2020年10月26日(月) 昼12時より、《国立科学博物館×航空自衛隊》
【製造から55年の現役機体「YS-11FC」のフライトを観てみよう】 を
入間基地の旧管制塔から生放送でお届けします。


製造から55年が経ったいまなお現役で航空自衛隊が運用している「YS-11FC」。
その役割は「飛行点検機」だが、そのアナログな機体で行われている点検とはいったいどういうものなのか。
ニコニコ生放送では、YS-11FCが実際に飛ぶ様子を見ながら、解説や乗組員にインタビューをする番組を放送します。



■YS-11とは
敗戦によって航空機開発を7年間禁止された日本が、1950年代から国策として手がけたプロペラ機です。零戦の主任設計士だった堀越二郎氏も設計に携わりました。試作2機を含む計182機が生産され、国内外で旅客機などとして活躍しました。旧運輸省航空局に所属し、1964年に初飛行した量産初号機(製造番号2003)は、国立科学博物館が保管しています。


≪国立科学博物館YS-11量産初号機公開プロジェクト 実施中≫
国立科学博物館では、YS-11量産初号機の公開に向けて組み立てを行っています。
クラウドファンディングでの資金の募集は、11月6日(金)まで。

<クラウドファンディングの詳細とYS-11量産初号機の組立公開の状況はこちら>


■入間基地の航空機と飛行点検隊

SHARE

PR

    Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2jY6U8iXs6WXau68PTSiXs6iu1BSt9M3My8dnoYHiu1BOFuIwn6TOXiI6